オステオパシー Osteopathyの誕生

オステオパシーは、本来骨の病気を意味するギリシャ語に由来している。
だが、この名称はオステオパシーの現場で行われていることと一致していない。現在、オステオパシーによる治療は、内臓や神経などの機能障害を対象とした機能学のニュアンスが強い。
オステオパシーは、1874年にアメリカミズーリ州のカークスビル在住の外科医アンドリュー・テイラー・スティル (Andrew Taylor Still)によって創始された。
A.T.スティルは、3人の子供を髄膜炎で亡くし、自ら医師であるのにもかかわらず、その無力さを痛感。西洋医学の限界を悟り、一転、自然治癒力を生かす自然医学に目を向けた。筋骨格系が人体に与える影響を重視し、局所的な捉え方を戒め、常に全体的なアプローチを心がけたという。
オステオパシーの調整項目として構造的な調整法、生理的な調整法、外科手術および薬の処方などがあげられる。
構造的な調整法とは、骨格の変位の矯正であり、筋・腱・靭帯の調整を指す。まず骨格の調整を行い、その安定性を持続させるために行うのが筋・腱・靭帯の調整。代表的なテクニックとして知られる筋エネルギーテクニック(MET)もこのジャンルに入る。
生理的な調整法は、健全な血液供給が健康な組織形成に欠かせないとするオステオパシーのコンセプトを具現化した調整法だ。軟部組織に働きかける、内臓マニュピュレーションなどがこれにあたる。
クレニオ・セイクラル・セラピー(頭蓋仙骨療法ずがいせんこつりょうほう)も生理的調整法の一つで、ジョン・E・アプレジャーDOによって開発された。頭痛、目眩(めまい)、無気力感、イライラといった不定愁訴に抜群の効果をあげるが、不定愁訴を神経障害によるものとし、これらは脳脊髄液の循環不良が原因しているとみなす。
脳脊髄液の悪循環は、頭蓋骨の縫合の可動性の悪さで起こる。頭蓋骨は23個の骨がパーツとなって動いている。ところが、この可動性が悪化すると、脳脊髄膜をおおう硬膜にねじれが生じる。ねじれた硬膜を修正して良好な脳脊髄液の循環を取り戻そうとするのがクレニオ・セイクラル・セラピー(頭蓋仙骨療法)だ。
ストレイン&カウンターストレインは解放テクニックと訳され、オステオパス(オステオパシーの治療家)なら必修のテクニックです。椎骨矯正に一大革命をもたらしたローレンス・H・ジョーンズ博士の1981年の傑作とされる。矯正方法は極めてソフトで、一定の体位を90秒間保って戻すと、骨格が矯正されています。
ほかにも、リンパ・マニピュレーション・テクニック、筋肉トリガーポイント理論、高速小振幅・低速小振幅・低速大振幅などのテクニックもある。

 

ケイコとマナブの「整体師講座」の無料一括資料請求はコチラ↓↓↓↓↓

整体師講座