日本におけるオステオパシー

日本では、明治および大正、昭和初期において、手技療法関連の書物の中にオステオパシーという言葉が盛んに使われ、注目されていたようである。
オステオパシーの名称を本格的に紹介したのは、1920年(大正9年)10月20日に発行された、「山田式整體術講習緑」だといわれている。
山田式整體術講習緑が発行された大正9年に、整骨の業務が「柔道整復術」として正式に国の認定を受けた年であることから、山田氏は意識してこの年に 本書を発行したとされている。
「山田式整體術講習緑」全三巻からなっているもので、第一巻はプラナ療法、第二巻は、オステオパシーの原理、そして第三巻は、精神療法になっている。
著者の山田信一氏は、芝崎という施術師から、オステオパシー療法を受け、眼病が治ったことから、オステオパシーに興味を持つようになったという。そして、アメリカのオステオパーの書籍を入手し、翻訳させ、山田式整体術の基盤をつくったとされている。
山田式整體術の内容を見てみると、その中身はすべてオステオパシーではなく、第二巻だけがオステオパシーの定義と原理および検査法と臨床に関する説明が記述されている。
山田氏のように、眼病をオステオパシーで克服し、アメリカからオステオパシーの書籍を取り寄せて、オステオパシーを独習したのは、故古賀正秀氏である。
古賀氏は1947年(昭和22年)、療術の既得権者届出の時に、オステオパシーで福岡県に登録している。
1967年(昭和42年)には自らの関節遊び運動理論をオステオパシー学説において古賀式定義を作成。
1986年(昭和61年)、KCOM(カークスビル・オステオパシー医科大学)学長からオステオパシー出版物の翻訳権を取得。
1989年(平成元年)、KCOM同窓会の名誉会員に推挙、1991年(平成3年)11月、KCOM手技部教授格の授与、加えてKCOM学長から日本のA.T.スティルと称された。

 

 

ケイコとマナブの「整体師講座」の無料一括資料請求はコチラ↓↓↓↓↓

整体師講座