整体の大家たち

p>大正から昭和初期にかけて多くの整体の名人が登場したが、平賀臨、玉井天碧、高橋迪雄、平賀内臓吉などは非常に影響力があった。


天才的な治療家で研究者であったあった平賀内臓吉は著書「指圧整体療法」で、整体が指圧と不可分のものであり、骨格操作と軟部組織操作を併用していたことが書かれている。また、経絡を重視しており、東洋医学理論と近代西洋医学的な理論が同居している。
明治以降、日本文化は急激に和洋折衷の度を増したが、その渦中に誕生した整体は、この時代のムードを象徴するものであったともいえる。

 

ケイコとマナブの「整体師講座」の無料一括資料請求はコチラ↓↓↓↓↓

整体師講座