整体の現状

日本においてはカイロプラクティック、オステオパシー、推拿などの施術院が整体院を名乗ることが多い。
整体院を名乗っている施術院を分類してみます。

営業上、整体を名乗っている

カイロプラクティック、オステオパシー、推拿などの施術院であるが、営業的に整体の方が通りがいいので、整体院を名乗っている。

整体として習得した技法を用いているので整体を名乗っている

  • 整体として習得したが、実際の技法はカイロプラクティック、オステオパシー、推拿である。
  • カイロプラクティックをベースとするが、柔術の活法や整骨技法、器具(木槌など)の使用、軟部組織操作などが導入されることもある。
  • 軟部組織の緩解操作が中心となるもの。
  • 経絡・反射帯への圧迫操作、触手操作などを導入しているもの。
  • 生体の反射作用(脊椎反射、筋反射、内臓反射)などを利用したもの。
  • 体に手を触れないか触手のみで気を放射するもの。
  • 以上の技法を組み合わせたもの。
  • その他

以上である。

 

整体の各流派は、明確に自らの技法と理論を定義し、その信念に基づいて施術を行っている。

 

日本の手技療法である按摩術は、視覚障害者の指頭感覚を通して発展してきたから、局所の軟部組織に焦点が向けられていたが、晴眼者が中心となって発展させてきた整体は、解剖学の知識なども導入し、全身的な筋骨格系のバランスを重視するようになった。

 

人体構造のゆがみに注目しているのが整体の特徴と言えるだろう。

 

 

 

ケイコとマナブの「整体師講座」の無料一括資料請求はコチラ↓↓↓↓↓

整体師講座