整体師になるには?

 

整体師として必須の資格はないが、整体についてしっかり学んでおく必要がある。
プロの整体師として仕事がこなせるよう、専門スクールで整体の技術と基本的な学科知識を身につけておきたい。
スクールに整体院が併設されている場合は、技術が認められれば、研修生からプロの整体師となる道もある。

 

もし開業したいと思えば、明日からでも整体院を開業しても、少なくても法的には許されています。
しかし、解剖学的知識をはじめ生理学、病理学、臨床医学などの基礎医学を学んで、さらに症状に対する治療法を身に付けなければいけません。
整体は大変奥の深いものなので、一生勉強です。
基本的な整体の知識と技術を身に付けるために、しっかりとしてカリキュラムのある学校をお勧めします。

 

現在の仕事を続けながら、勉強するのでしたら、夜間部や土・日の講座がある学校や、スクーリングのある通信講座もあります。
ただ卒業しただけでは開業できません。店舗を借りたり、広告宣伝をしたり、多少の資金がかかります。
日本政策金融公庫で「女性、若者/シニア起業家支援資金」を借りる方法もありますが、計画書がきちんとしていなければいけません。
営業だけでなく、独立開業への適切な指導ができる学校が良いです。

 

学校によっては、本科の後に研究科が設けられているところがあります。
臨床実習や治療院経営に関することが学べ、患者さんとのコミュニケーション法、扱いなど知識や技術に磨きをかけます。

 

ケイコとマナブの「整体師講座」の無料一括資料請求はコチラ↓↓↓↓↓

整体師講座